歯ぐきから血が出る、腫れている ~歯周病~

  • ホーム
  • 歯ぐきから血が出る、腫れている ~歯周病~
診療メニュー
顎関節症・矯正歯科 口が開きにくい・歯並びが気になる
審美歯科・ホワイトニング 歯をきれいにしたい、銀歯が気になる
一般歯科・親知らず・小児歯科 歯が痛い、冷たいものがしみる
歯周病 歯ぐきから血が出る、腫れている
入れ歯 歯を失ってしまった
予防歯科・定期検診 きれいな歯を保ちたい
医院案内
内観
リキ歯科クリニック / 東京都渋谷区代官山14-24  ワイエム代官山2F / tel.03-3463-6480
休診日 : 土・日・祝祭日 / 受付時間 : 10:00~19:00
コンセプト
院長ご挨拶
院内案内

生活習慣病とも関係がある、歯周病

歯周病

日本人の成人の約8割は歯周病にかかっている、もしくはその予備軍といわれている歯周病。
むし歯よりも歯を失う大きな要因とされています。

歯周病のおもな原因はプラーク。
お口の中で細菌の塊であるプラークが歯ぐきに炎症を起こし、徐々に進行して顎の骨まで溶かします。
最悪の場合、支えを失った歯は抜け落ちてしまいます。

歯周病と全身疾患との関係

歯周病と全身疾患との関係

歯周病はお口の中だけに留まらず、全身の疾患にも関係していることがわかっています。
歯周病菌が血管にのって全身をめぐることで、心臓病や脳梗塞を引き起こすことがあるのです。
また、血糖値を下げる働きをするインスリンというホルモンに悪影響を及ぼし、糖のコントロールを妨害することで、糖尿病を悪化させることもあります。
そのため、糖尿病の方や糖尿病予備軍の方は特に歯周病の予防が大切だといわれています。

さらに、生活習慣病と歯周病の関連を指摘する報告はほかにも多数あり、糖尿病だけでなく、高血圧やほかの生活習慣病も歯周病が原因の一つとなっている可能性があります。

歯周病セルフチェック

歯周病は、最悪の場合、歯を失ってしまう感染症です。
大切な歯を失わないために、ご自分でチェックしてみましょう。
以下の項目に心あたりがある場合、歯周病の疑いがあります。一度、検診にご来院ください。

  • 朝起きたとき、お口の中がねばねばする
  • 口臭が気になる
  • ブラッシング時や食事のときに歯ぐきから出血する
  • 歯ぐきがむずかゆかったり、痛かったりする
  • 歯ぐきが本来のピンク色ではなく赤く腫れている
  • 固いものが噛みにくい
  • 歯が長くなったり、歯と歯の間が広がったりしている気がする
  • 歯がグラつく気がする
  • 歯ぐきから膿が出る

歯周病の検査方法

ポケット診査

ポケット診査

歯周ポケットの深さによって、歯周病の進行度合いをチェックする検査です。「プローブ」という器具を用いて行います。健康な歯ぐきであれば歯周ポケットの深さは2~3mm程度ですが、歯周病が進行するにつれて歯周ポケットは徐々に深くなっていきます。

レントゲン検査

レントゲン検査

レントゲン撮影を行い、顎の骨の状態を確認します。
レントゲンにより顎の骨が溶けてきていることが確認できれば、歯周病はかなり進行していることになります。

歯周病の進行段階

進行段階 症状
初期(歯肉炎)
初期(歯肉炎)
歯ぐきの表面に炎症が起きている状態です。
ブラッシング時に出血することがあります。
中期(軽度歯周炎)
中期(軽度歯周炎)
歯ぐきが炎症を起こして、腫れたり出血したりします。歯周ポケットが多少深くなります。
後期(中等度歯周炎)
後期(中等度歯周炎)
歯ぐきの炎症が進み、腫れや出血のほかに膿が出ることも。
骨にも炎症が及び、歯が多少揺れるようになります。歯周ポケットはさらに深くなります。
末期(重度歯周炎)
末期(重度歯周炎)
歯周組織全体に炎症が進み、歯を支える骨がかなり溶けてしまっているため、歯の揺れがひどくなってきます。
食べものをうまく噛めないなどの症状も出てきます。さらに歯周ポケットは深くなり、最終的には歯が抜け落ちます。

当クリニックの歯周病治療

スケーリング

スケーリング

比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。
ブラッシングが行き届かなかった箇所に付着しているプラークや歯石を放っておくと炎症が進んでしまいますので、「スケーラー」という器具を使って汚れを一掃します。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

スケーリングでも除去しきれないような、歯根にこびりついたプラークや歯石を除去します。
ルートプレーニングで使用するのは「キュレット」という器具。
汚れが再度付着することを防ぐため、ザラついた歯面をなめらかに仕上げ、ツルツルにします。
歯周ポケットのかなり奥まで処置するため、痛みを伴うような場合には麻酔を使用します。

歯周ポケット?爬(そうは)術

歯周ポケットの奥にまでたまった歯石や、ときには歯ぐきの一部を取り除く外科的処置です。
術後にしっかりケアしていけば、削り取った歯ぐきは再生し、正常に歯にくっつきます。
また、歯周ポケットも浅くなっていきます。

  • 治療の流れ1
  • 治療の流れ2
  • 治療の流れ3
  • 治療の流れ4

Copyright c Riki Dental Clinic